【390件以上】の口コミが読み放題に【使い方はあなた次第】
あなたにぴったりの書籍がきっと見つかる

当サイトには、法律書籍の口コミが390件以上投稿されています。すべての口コミから横断的に以下のとおり絞り込み検索が可能となっています。
・キーワード検索
・星ランク別の絞り込み検索
・カテゴリー別の絞り込み検索
口コミをフル活用して、あなたに最適な書籍で効率よく勉強しよう。

民法

家族法 — 民法を学ぶ 第4版の書評・口コミ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内容紹介(「BOOK」データベースより

2018年の相続法大改正のほか、成年年齢・特別養子・子の引渡しに関する法改正を受けて全面改訂。変化を続ける家族法を追う第4版。「法的ルールとしての家族法」の理解形成をめざし、その理解を丁寧に、ときにユーモラスに解説する26講。

みんなの書評・口コミ

漫談で学ぶ、家族法。

Rated 5 out of 5
2020年9月24日

どうしても、後回しになりがちな家族法。しかし、案外油断はできない分野です。例えば平成30年、司法試験、予備試験ともに、論文問題で家族法の知識が問われました。
さりながら、あまり時間をかける訳にもいかないのが正直な所。そこで本書の頁数を見てみると、最後の「特別講義」を除いて579頁。有力な対抗馬たる前田ほか『民法Ⅵ 親族・相続(第5版)』(2019年、有斐閣)が445頁であることを考えると、あまりに太いようにも思います。
しかし、実際に本書を読むのにかかる時間は、想定よりも少ないのではないかと思われます。
その大きな要因となるのが、窪田先生のユーモラスな記述です。
判例を引用する際に、「『(中略)法はかくの如き不徳義勝手気侭を許すものではない』!(最後の!は筆者による)と判示した」(108頁)と茶化してみたり、「『まぁまぁ、そんな堅いことを言わずに、差し支えない範囲で……』」(145頁)なんて記述が登場してみたり。さながら漫談です。用意されている設問にも、クスリとさせられると同時に興味をそそられます。例えば、194頁、409頁をご参照ください。
このように、読んでいて飽きさせない・先が読みたくなるような工夫が随所に散りばめられているため、早く読み通せるのです。
ニヤニヤしながら読んでいるといつの間にか、本格的な家族法の知識が身につく一冊です。

司法試験受験生

家族法ならこれ!

Rated 5 out of 5
2020年9月6日

ローの指定教材は、リークエですが、私は、窪田先生の家族法を使用しています。講義口調でわかりやすいです。家族法は、暗記のイメージが強いですが、論文でも頻出の分野なので、基本書等でしっかり勉強する必要があると考え、この本を購入し使用しています。分厚いですが、サクッと読めます。

とあるロー生
5
Rated 5 out of 5
2個の口コミ
星5100%
星4 0%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

タイトルとURLをコピーしました