【5月16日まで】アガルート30%OFFアウトレットセール
スポンサーリンク
00企画

司法試験書籍の☆5の書評・口コミ一覧

司法試験書籍ドットコムに投稿された口コミのうち☆5のレビューのみを一覧にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

☆5の書評・口コミ一覧

ベタな基本書

Rated 5 out of 5
2021年5月2日

民事訴訟法はよくわからない概念が多く
予備校本の中には不正確な記述も多い本がある(基礎マスターとか)
その意味で本書は学者本ということもあり信頼できる。
予備試験に直接役立つ本ではないものの
予備校本を読んで理解できなかったり
学校の試験対策のために詳しくやっておきたいと思ったりしたときのために
一冊あると便利
買って損はしないと思う

NB

これは買い!

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

日本評論社の基本シリーズ。もともとは、基本刑法の評判が良くて広まったシリーズだと思いますが、今や全科目、ハイクオリティです。とはいえ、まだ全科目網羅はされていません。
さて、本書ですが、刑事手続の理解がテーマです。理論面が重視されがちな刑事訴訟法ですが、手続の理解も疎かにできません。本書片手に裁判傍聴に行くなどして、刑事手続を一つ一つ確認するのがお勧めです。

司法試験受験生

やったほうが良い!

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

評価が分かれる演習書だと思います。答案例もなく、理論面の解説が厚いため、一見すると試験対策には不向きかも知れません。しかし、私は、本書から、民訴の面白さを学べました。表面的な学習は、つまらなく続きません。遠回りのようで、着実に合格に近づく、そんな本だと思います。

予備試験合格者

手元に一冊

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

受験生時代も愛用していたら「田中会社法」。実務に出たばかりの新人弁護士ですが、幾度も参照しています。文献リサーチでは、江頭会社法と田中会社法の2冊を出発点とし、商事法務などを調べたら、大抵のことは分かります。受験生としては、江頭会社法よりは、田中会社法の方が読みやすいと思いますので、実務家になってからを見越して受験生時代から、使われるの良いでしょう。

実務家

わかりやすい入門書

Rated 5 out of 5
2021年2月27日

刑事訴訟法は、正直おすすめできる入門書が少ない状況下にあります。伊藤塾出版のこの本は、講義形式で読みやすくかつわかりやすい記載となっており、刑事訴訟法の全体像を掴むための本として非常に有用であると思います。
したがってこの本を読まれることを強く推奨いたします。

受験生

行政書士試験の1冊目はコレ!

Rated 5 out of 5
2021年2月26日

行政書士試験に興味があるけれど、どんな試験なのか?どのような勉強をすればよいか?など、法律初学者の疑問に答えてくれるLEC人気講師の一冊です。
タイトル通り、ゼロから各科目別の勉強方法が解説されており、後半では法令用語の解説まであるので、法律の基礎と試験の全体像をつかむのに最適です。
オールカラーで図やイラストも多いので、ざっくりと行政書士試験について学びたい方は読んでおくと勉強が捗るでしょう。

行政書士合格者

商法は特におすすめ

Rated 5 out of 5
2021年2月20日

このシリーズはどれもお勧めできるが、とくに商法についてはお勧めできる。解説が丁寧なのはあたりまえとして、この演習本は網羅性が乏しいが、商法は出題される範囲がある程度限られているので、この演習書をしっかり解ききることでひねりの少ない基本論点の対処ができるようになるので、今後のひねりのある問題に対応できるようになる。その点で、最初に取り組むべき演習書ということができる。

上位ロー合格者

数少ない新司法試験解説書

Rated 5 out of 5
2021年2月20日

現在司法試験の模範解答例は、予備校で購入しなければ良質な答案例を入手することが著しく困難な状況にあります。この問題集は安価でかつ良質な答案例を入手することができる数少ない問題集です。また、平成30年以降の司法試験の傾向変化に対するワンポイントアドバイスも載せられており、司法試験の勉強において非常に有益であると思います!

受験生

網羅性十分の演習書

Rated 5 out of 5
2021年2月20日

事例研究行政法は問題の質がいい上、解説も詳細でとてもおすすめできます!ちなみに令和2年行政法の司法試験の問題において、不作為の違法確認の訴訟要件を問う問題が問われましたが、事例研究行政法の問題の中でしっかりと触れられています!
このように網羅性十分な演習書という性質だけではなく、答案の書き方のワンポイントアドバイスがミニ講義という形でまとめられており、行政法の答案の書き方がいまいにちよく理解できていない受験生に強くお勧めします!

受験生

論文を意識したインプットが可能!

Rated 5 out of 5
2021年2月20日

基本行政法は、判例を意識した記述となっているだけでなく、司法試験論文にそのまま使えるフレーズが多い本です。すなわち、論文を意識したインプットを可能にする基本書であると言え、とてもおすすめです!
しかし、基本行政法は理論面の解説があっさりとしているので、入門書を一通り読んでから読まれることを強く推奨いたします!

受験生
法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました