スポンサーリンク
00企画

司法試験書籍の☆5の書評・口コミ一覧

司法試験書籍ドットコムに投稿された口コミのうち☆5のレビューのみを一覧にしました。

数クリックで全ての特典をゲット

↓他にもあります↓

☆5の書評・口コミ一覧

基本を学ぶ

Rated 5 out of 5
2021年7月9日

未修でローに入り、まずどのように民法の問題を解くかを学ぶために本書を利用しました。
結果的に、大変役立ちました。本書の特徴は、法学部生を想定して書かれた本ということもあり、民法の基礎的理解を目的とした、簡単な設例1題に対して論点が1つという単純な形式にあります。設例を解くのに時間を要しないので、定期試験直前期にまとめて繰り返し解くことにも向いており、短期間で基礎的論点を確認することができます。
ただし、あくまでも基礎的論点を理解するための問題集と考えて、発展的な事例問題を解く足掛かりとして使用するのが良いかと思います。

司法試験受験生

最高に読みやすい基本書

Rated 5 out of 5
2021年6月27日

基本書というと堅苦しい日本語であり、しかも民法の膨大な量となると挫折してしまう人が多いと思う。その点で、この基本書はめちゃくちゃ読みやすい。
しかも内容は初学者にも分かりやすく書かれており、かつ論点なども網羅的なので学部の授業からローの授業まで広く使われているイメージがある。
総則と物権は佐久間先生でいいと思う。

ローにねんせい

論点についてはこれ一冊でOK

Rated 5 out of 5
2021年6月27日

比較的短文の事例問題をもとに、そこから問題となる論点を学生と教授の対話形式で解説している。学説なども反対説などを踏まえながら解説しているので、反対説まで知っていないと解けないような近年の司法試験にも対応している。
ちなみに、演習書というよりは論点理解の参考書といったイメージ。だから規範を立てるところまではめちゃくちゃ勉強になるが、当てはめまでは対応していないかな。
これで論点についてマスターし、あとはエクササイズ刑訴などで演習すれば完璧だと思います。

ローにねんせい

非常に参考になります

Rated 5 out of 5
2021年6月17日

周りの受験生も皆使用している基本書です。わかりやすく書かれており、非常に参考になります。事例問題への当てはめもバッチリです。詐欺罪の成立要件については、具体的かつ詳細に説明があります。ちなみにこちらの総論も持っています

予備受験生

参考になる

Rated 5 out of 5
2021年6月2日

予備校の教材では、各論の学説対立の表記が不十分であると感じることがあり、先輩からの口コミでこちらを購入しました。分厚いため、通読するための教材には不向きですが、〜罪の構成要件を勉強したい、など他の教材の補完として使用するのに最適かと思います。

受験生

ベタな基本書

Rated 5 out of 5
2021年5月2日

民事訴訟法はよくわからない概念が多く
予備校本の中には不正確な記述も多い本がある(基礎マスターとか)
その意味で本書は学者本ということもあり信頼できる。
予備試験に直接役立つ本ではないものの
予備校本を読んで理解できなかったり
学校の試験対策のために詳しくやっておきたいと思ったりしたときのために
一冊あると便利
買って損はしないと思う

NB

これは買い!

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

日本評論社の基本シリーズ。もともとは、基本刑法の評判が良くて広まったシリーズだと思いますが、今や全科目、ハイクオリティです。とはいえ、まだ全科目網羅はされていません。
さて、本書ですが、刑事手続の理解がテーマです。理論面が重視されがちな刑事訴訟法ですが、手続の理解も疎かにできません。本書片手に裁判傍聴に行くなどして、刑事手続を一つ一つ確認するのがお勧めです。

司法試験受験生

やったほうが良い!

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

評価が分かれる演習書だと思います。答案例もなく、理論面の解説が厚いため、一見すると試験対策には不向きかも知れません。しかし、私は、本書から、民訴の面白さを学べました。表面的な学習は、つまらなく続きません。遠回りのようで、着実に合格に近づく、そんな本だと思います。

予備試験合格者

手元に一冊

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

受験生時代も愛用していたら「田中会社法」。実務に出たばかりの新人弁護士ですが、幾度も参照しています。文献リサーチでは、江頭会社法と田中会社法の2冊を出発点とし、商事法務などを調べたら、大抵のことは分かります。受験生としては、江頭会社法よりは、田中会社法の方が読みやすいと思いますので、実務家になってからを見越して受験生時代から、使われるの良いでしょう。

実務家

わかりやすい入門書

Rated 5 out of 5
2021年2月27日

刑事訴訟法は、正直おすすめできる入門書が少ない状況下にあります。伊藤塾出版のこの本は、講義形式で読みやすくかつわかりやすい記載となっており、刑事訴訟法の全体像を掴むための本として非常に有用であると思います。
したがってこの本を読まれることを強く推奨いたします。

受験生
法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました