【5月16日まで】アガルート30%OFFアウトレットセール
スポンサーリンク
00企画

法律書籍の☆4以上の書評・口コミ〜司法試験・予備試験の受験生必見〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

☆4以上の書評・口コミ

運営者
運営者

司法試験書籍ドットコムに投稿された口コミの内☆4以上のものを掲載しています。基本書、演習書、判例集の購入の際に参考にしてください。

小説で民訴入門

Rated 4 out of 5
2021年5月4日

初学段階では、面白さが分かりづらい民事訴訟法。本書は、小説として楽しみながら、弁護士の実務がどのような流れで行われているのかを理解することができ、さらに、その中で、民事訴訟法の重要性を実感出来る良書です。

受験生

科学的勉強法の王道

Rated 4 out of 5
2021年5月3日

どうすれば効率よく勉強できるのか、限られた時間の中で、どうすれば成果を出すことができるのか。受験生であれば誰でも知りたい方法論が、科学的根拠に基づき、わかりやすく解説した書籍。初心者でもすぐに実践できる方法論が多数掲載されているので、自分に合った方法を試すと良いかもしれません。

受験生

ベタな基本書

Rated 5 out of 5
2021年5月2日

民事訴訟法はよくわからない概念が多く
予備校本の中には不正確な記述も多い本がある(基礎マスターとか)
その意味で本書は学者本ということもあり信頼できる。
予備試験に直接役立つ本ではないものの
予備校本を読んで理解できなかったり
学校の試験対策のために詳しくやっておきたいと思ったりしたときのために
一冊あると便利
買って損はしないと思う

NB

初学者が理解しやすい

Rated 4 out of 5
2021年3月21日

見やすい、わかりやすいを重視したオールカラーの5分冊タイプです。図やイラストが多く、初学者でも理解しやすい内容になっています。
また、民法改正部分もイラストなどで丁寧に解説されているところもポイントです。
六法、判例索引。購入者特典もあり、内容も充実しています。
全体的にはボリュームありますが、1冊丸ごと持ち運ぶ必要がないので便利です。

行政書士合格者

正確な知識を自分のものする

Rated 4 out of 5
2021年3月19日

アガルートの一問一答シリーズ。最近になって出版されたものだが、受験生の間では既に定評を獲得しているように思う。大学受験等で同様の形式のものが沢山あったが、この司法試験業界には、なかった形式だと思う。試験対策という観点からは、同書のよう一問一答は大変効果的な学習法。私の場合は、寝る前に知識の確認として、口頭で問題文に答える練習をしています。記憶想起により、知識の定着にかなり寄与していると思います。

司法試験受験生

出題傾向が変わった今は必読

Rated 4 out of 5
2021年3月14日

刑法は、長らく長文多論点型の出題でしたが、平成30年司法試験で中文小問型?に変わりました。今までは、時間内に論点を網羅的にかつコンパクトに論じる能力が必要でしたが、今は一つの論点を厚く論じる能力が試されています。この点、本書は、論点数は少なく、一つの論点を深掘り出来る演習書です。

予備受験生

隠れた名著

Rated 4 out of 5
2021年3月14日

あまり知られて居ないが、隠れた名著。憲法の答案の書き方に悩んでいた時期にネット検索でたどり着きました。憲法でホームランではなく、可もなく不可もなしの答案を書けるようになりたかった私に、ドンピシャの書籍でした。薄い本なので、一日も有れば読み切ることが可能ですし、読み返しも容易です。憲法答案の書き方がわからない方におすすめです。

司法受験生

司法試験対策としては過剰かな

Rated 4 out of 5
2021年3月14日

改正民法を事例を基に、旧法を適用した場合の結論と、新法を適用した場合の結論が分かる。事例問題集としも使えるけど、メインの読者層は、実務家のように思います。現行の司法試験において、旧法と新法の相違点が直接聞かれることもないと思うので、司法試験対策としては過剰な気もします。その意味で星4としています。

合格者

裁判官室に置いてありました

Rated 4 out of 5
2021年3月14日

刑裁修習の時に、裁判官室の本棚に置いてあるのを見つけて読みました。修習生が暇な時に読むように置いてあったのかもしれません。法廷漫画としても非常に出来が良いですし、何より刑事裁判官の葛藤が上手く描かれています。漫画もして普通に面白いので、司法試験の受験生におすすめの一冊です。

合格者

これは買い!

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

日本評論社の基本シリーズ。もともとは、基本刑法の評判が良くて広まったシリーズだと思いますが、今や全科目、ハイクオリティです。とはいえ、まだ全科目網羅はされていません。
さて、本書ですが、刑事手続の理解がテーマです。理論面が重視されがちな刑事訴訟法ですが、手続の理解も疎かにできません。本書片手に裁判傍聴に行くなどして、刑事手続を一つ一つ確認するのがお勧めです。

司法試験受験生

数少ない答案例付きの演習書

Rated 4 out of 5
2021年3月13日

本書の最大の特徴は、答案例が付いている点です。受験生が気になる、理解を答案例に落とし込む方法が学べる。しかし、気を付けなければ、いけないのは、本書に掲載されている答案例は、模範答案でないこと。手直しが必要な答案例です。それでも司法試験を合格された実務家の先生が、起案されているので、合格答案であることは間違いないですし、表現法や、論理の運び方は、非常に参考なります。

予備受験生

やったほうが良い!

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

評価が分かれる演習書だと思います。答案例もなく、理論面の解説が厚いため、一見すると試験対策には不向きかも知れません。しかし、私は、本書から、民訴の面白さを学べました。表面的な学習は、つまらなく続きません。遠回りのようで、着実に合格に近づく、そんな本だと思います。

予備試験合格者

演習書の一冊目に!

Rated 4 out of 5
2021年3月13日

会社法の演習書の一冊目に読むのにおすすめです。基本的に判例百選ベースの問題なので、インプットした内容を確認するのに適しています。ただし、答案例は付いていませんし、事案の当てはめに関する記述は薄いです。そのため、答案の精度を上げるための訓練にはならないと思います。それでも、重要判例を演習形式で学べるので、初学者にはお勧めです。

司法試験受験生

初めの一冊

Rated 4 out of 5
2021年3月13日

AmazonのKindle Unlimitedで読めるので、読んでみました。読み放題対象の書籍なので、あまり期待していませんでしたが、非常にお勧めです。この内容であれば、手元に一冊持っていても良いように思います。入門書ということで、図表が使われていたり、文章も分かりやすく、これから会社法を勉強していく方であっても十分通読可能です。まずは、本書から会社法の勉強を始められるのが良いかと思います、

司法試験受験生

手元に一冊

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

受験生時代も愛用していたら「田中会社法」。実務に出たばかりの新人弁護士ですが、幾度も参照しています。文献リサーチでは、江頭会社法と田中会社法の2冊を出発点とし、商事法務などを調べたら、大抵のことは分かります。受験生としては、江頭会社法よりは、田中会社法の方が読みやすいと思いますので、実務家になってからを見越して受験生時代から、使われるの良いでしょう。

実務家
法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました