【390件以上】の口コミが読み放題に【使い方はあなた次第】
あなたにぴったりの書籍がきっと見つかる

当サイトには、法律書籍の口コミが390件以上投稿されています。すべての口コミから横断的に以下のとおり絞り込み検索が可能となっています。
・キーワード検索
・星ランク別の絞り込み検索
・カテゴリー別の絞り込み検索
口コミをフル活用して、あなたに最適な書籍で効率よく勉強しよう。

憲法

合格思考憲法の口コミ・評判

スポンサーリンク
予備試験・司法試験短期合格者本 読み解く合格思考 憲法 改訂版

旧司過去問→主張・反論型にアレンジ。司法過去問+予備過去問(新規掲載)。答案の書き方を権利ごとに解説。

スポンサーリンク

みんなの書評・口コミ

補訂前の本書を持ってる人は買い替え必須

Rated 5 out of 5
2020年11月23日

人権毎の処理手順をまとめるのに最適です。
補訂によって慶應の某教授のエッセンスが入っている箇所が多々見受けられるのでめちゃくちゃ分かりやすくなってますし、そういう意味で憲法判例の射程と相性がいいと思います。
まとめ本なのでこれだけで乗り切るのは無理ですが、基本書や憲法判例の射程などを併用してこの本に書き込んでいくのが良いのではないでしょうか。

法科大学院生

初学者向け

Rated 3 out of 5
2020年11月5日

答案を書くまでの思考方法が記載されており、答案例が付いているため、初学者が憲法の答案の書き方を身に着けるにはうってつけの本だと思います。ただし、この本で身に着けられる型はいわゆる現場志向型の書き方であって、最近の試験傾向である判例射程を重視した書き方を身に着けるには別の本も必要だと感じました。

司法試験受験生

受験生の実態に沿った本

Rated 4 out of 5
2020年11月5日

憲法は実体験としても、理想とされる答案の水準と、実際合格をする受験生の水準に大きな乖離がある科目であると思います。憲法は判例の射程を緻密に検討し解答させる問題が多く出ますが、試験委員の設定した問題意識に正面から答えられる受験生はあまり多くないのが現実です。そこでこの本は学問的な正確性や高度なことを教える前に、まず司法試験受験生として抑えておくべき憲法の答案の型、処理手順を丁寧割わかりやすく解説してくれています。憲法が苦手な受験生、憲法の勉強をして基本書を読んではみたもののどのように答案を書いていいかわからないという方は是非使ってみてほしい一冊です。

2019年予備試験合格者

憲法答案の作法を学ぶ第一歩として

Rated 3 out of 5
2020年11月3日

憲法答案の書き方がわからない、という人にぴったりの本。この本だけで、学説の内容や、判例の理解が得られるというものではないが、憲法答案を書いたことがない人が、初めて読む本としては、いいと思う。もちろん、この本を読んだ後に、次のステップに進まなくてはならない。答案の骨格を体得しても、各論の内容について深い理解を得るためである。

司法試験受験生

分かりやすい。使える。でも…

Rated 3 out of 5
2020年9月16日

「書き方がわからん!!」となりがちな憲法にあって、本書は大変貴重です。
人権各論の部分では、各権利類型ごとに条文・定義・保障根拠・保護範囲を明記した上で、関連する判例を紹介。旧司法試験や予備試験などによって、問題演習までさせてくれます。答案の書き方が見えてくる良書であることに疑いはありません。しかも、合格者による補訂がなされたばっかり!最新の傾向も反映されていましょう。
一方、記述には注釈が必要な部分もあるかと思われます。
例えば、「判例上の『私生活上の自由』に自己情報コントロール権は含まれない。あくまでも、“〜されない自由”としての保障にとどまる。自己情報コントロール権として論証する場合は、判例との差があることについて積極的な理由づけが必要となる。」(27頁)とされていますが、「判例との差」とまで言い切れるかは疑問です。「誤り」などでは無いかと思いますが、他の文献と見比べることで視野が広がるのは間違いありません。
(判例上自己情報コントロール権が事実上認められているとする見解につき、佐藤幸治『日本国憲法論(第2版)』(2020年)成文堂、205頁。自己情報コントロール権としてプライバシー権を再構成することが判例に整合的であるとする見解につき、新井誠他『憲法Ⅱ 人権』(2016年)日本評論社、51頁。外国人指紋押捺事件・住基ネット事件の両判決を分析し、「高度の秘匿性のあるプライバシーが問題となる事案において、自己情報コントロール権が肯定され、意見審査基準としても厳格度の高いものが選択される可能性を判例は留保している」とする見解につき、大島義則『憲法の地図 条文と判例から学ぶ』(2016年)法律文化社、7頁。)
ただし、読みやすさも本書の利点です。注釈が必要だと思う反面、そんなものをつけたら分厚くなっちゃうし…う〜ん…。
いずれにせよ、一度手に取ってみるべき書籍かと思われます。各論点の整理が参考になるため、副読本として参照するのもアリ。私はそのように用いております。

司法試験受験生
3.8
Rated 3.8 out of 5
6個の口コミ
星533%
星4 17%
星350%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

予備試験・司法試験短期合格者本 読み解く合格思考 憲法 改訂版
タイトルとURLをコピーしました