【期間限定】対象カリキュラムが30%OFF
スポンサーリンク
民法

民法I 第4版: 総則・物権総論の書評・口コミ

数クリックで全ての特典をゲット

↓他にもあります↓

内容紹介(「BOOK」データベースより

民法の基本書、内田民法Iの全面改訂第4版。第3版以降の法改正に対応し、最新立法・最新判例・重要学説を盛り込む。とくに、一般法人法制定にともなう法人規定の改定に対応して、法人法の基礎理論を、営利法人も含めて詳細に解説する。II、III、IVへのクロスレファレンスも徹底。独習者・予習者向けテキストとしてますます充実。

みんなの書評・口コミ

今は買うべきでないか

Rated 3 out of 5
2021年1月3日

民法の総論と物権総論だけが記載されています。
この前,民法Ⅲの改正法対応版が出版されましたが,この本は未だ改正法に対応されていません。
改訂後に購入するのがベストです。
内容としては,事例を先出し,説明がされていくものですが,平易に書かれており,分かりわすい(分かった気になりやすい)といえます。
判例とは異なる見解で書かれている箇所もあるため,注意が必要です。

匿名

旧法ですが読み応えあり

Rated 4 out of 5
2021年1月1日

旧法のため現行法には対応しておらず、今読む必要は無いと思います。今後改訂予定ですので、そちらが出るまで待つべきです(4版は2008年に出た模様)。
本書は民法総則、物権法(担保物権を除く)の概説書です。ケースメソッドを導入した本で、2色刷(黒と青)のため視覚的にも記憶しやすく、また、内容面については発展的な論点に関する記述もコラムに入れているため、初学者であれば本文を読み進めるだけで基礎を固められる点でメリハリがついています。
内田本は独自説をあたかも通説のように書くためおすすめしないとの批判もありますが、自分はそのような誘導等は感じられず、むしろ判例にそぐわない所はしっかり批判しているため、問題ないように感じました(私の勉強不足で気づかなかったのかもしれませんが)。

名無しさん(ロー生)
3.5
Rated 3.5 out of 5
2個の口コミ
星50%
星4 50%
星350%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました