【390件以上】の口コミが読み放題に【使い方はあなた次第】
あなたにぴったりの書籍がきっと見つかる

当サイトには、法律書籍の口コミが390件以上投稿されています。すべての口コミから横断的に以下のとおり絞り込み検索が可能となっています。
・キーワード検索
・星ランク別の絞り込み検索
・カテゴリー別の絞り込み検索
口コミをフル活用して、あなたに最適な書籍で効率よく勉強しよう。

00企画・コラム商法

会社法の演習書のおすすめは?レベル別推薦書籍を厳選紹介

スポンサーリンク

受験生の皆さん、自分のレベルにあった演習書を使っていますか?

なんだか効率よく勉強できている気がしない。

知識が血肉になっている実感がない。

もしかしたら、あなたが使用している演習書は、あなたに合っていないのかもしれません。

ひとえに演習書といっても、その特徴や対象としている読者のレベルは異なります。効率よく勉強するためには、自分のレベルを見極め、最適な演習書を選ばなくてはなりません。

会社法の勉強は、それぞれの学習段階によって、重視すべき点が異なります。

学習の初期の段階は、事例を通じて、論点というより制度趣旨や条文操作を学んでいくことが効果的でしょう。ある程度学習が進み、各種制度の趣旨や条文のあたりがつけられるようになった段階で、論点を深堀りする学習が効果です。

各演習書には、それぞれ特徴や活用の仕方が異なります。今回ご紹介するレベル別の演習書をフルに活用し、効率よく学習を前に進めていきましょう。

スポンサーリンク

初級から中級者向け

ひとりで学ぶ会社法

まさに登山トレーニング。

さあ、ここから始めよう

実践的な事例問題に取り組みたい気持ちも分かりますが、まずは、本書からスタートして、少しずつステップアップしていきましょう。条文操作等の地味な演習が後々効いてきます。

本書は、初学者から中級者程度を想定した演習書となっており、無理なく構成された3ステップで確実に頂上を目指していくことができます。

これから会社法の演習を積み重ねて行きたい方、

学習をステップごとに着実に前に勧めて、盤石な基盤を作りたい方に大変お薦めです。

また、本書は『会社法リーガルクエスト』が参照として挙げられているので、

リークエ会社法を使用している方に特にお薦めです。

ただ、本書は、実践的な事例問題を説いていくというよりは、短文質問を通じて、理解を深めていく形式となっています。実践的な事例問題に取り組みたい方は、注意してください。

内容紹介

これは、トレーニングだ。歩く、登る、挑む。基礎の基礎から徹底的に修得できる3ステップ・全49問。会社法の山を登りきる、技術と体力を手に入れろ。

読者の評価スコア

4.5
Rated 4.5 out of 5
2個の口コミ
星550%
星4 50%
星30%
星2 0%
星10%

PICKUP口コミ

解説が細かい』上位ロー合格者
大学のゼミで使用しました。
最初はゼミで指定された問題のみ解いていましたが、解説が優秀であることに惚れ込み多くの問題を解くようになりました。
3段階の難易度で問題が設置されており、1段階目は簡単すぎるのでむしろインプットの確認という感じですが、2段階目は簡単すぎない演習で、かつ、解説が詳細なので、本当に一人でも学習することができます。ただ、3段階目は解説がついてないうえ、問題がかなり難しいので一人で解くことはお勧めできません。

短答対策から論文対策まで』上位ロー合格者
会社法は制度理解が非常に重要であるところ、この本は単純な条文問題を多く掲載することで、条文によって形成される会社法制度を演習形式で学ぶことができます。論文対策となる複雑な事案の問題から短答プロパー知識の問題も載っているので、まさに、かゆいところに手が届く本だと思います。。

アガルートの実況論文講義

予備校は、高くて利用できない?

そんなことはありません。本書は、急成長している資格予備校であるアガルートアカデミーの論文の基礎力の養成を目的とした市販の演習書です。

市販書であっても、その中身は、アガルートの法律教育のノウハウが詰め込まれています。アガルートが気になっていて試してみたい方、基本書派だけど、予備校本もやっておかないと不安だという方におすすめです。

アガルートの市販書から、実際に講義の受講を始めた人も少なくないはず。なぜアガルートが急成長したのか、その片鱗に触れてみましょう。

内容紹介

【司法試験・予備試験・法科大学院入試を,目指す全ての受験生へ! 】
┃司法試験受験生の一番の悩み「,論文答案の書き方」を予備試験合格者の答案と共に実況解説

【厳選重要判例の穴埋め問題つき】
判例学習が重要な科目なので,厳選重要判例の穴埋め問題付。

読者の評価スコア

5
Rated 5 out of 5
2個の口コミ
星5100%
星4 0%
星30%
星2 0%
星10%

PICKUP口コミ

まず最初に取り組むべき演習本
一通りインプットが、終わった方が最初に取り組むべき演習書だと思います。問題数は、20問程度ですが、答案における論理展開が、丁寧に表現されているので、無理なくインプットからアウトプットに移行することが可能になっています。また、第3版は、民法改正にも対応しているので、安心して学習をすすめることができるのも良い点です。やはり、司法試験講師作成の解説なので、受験生の躓きポイントもよくカバーされているように思います。おすすめです。

Law Practice 商法

判例百選、読み終えましたか?

読み終えていない方が大半でしょう。でも大丈夫です。本書の演習を進めていけば、判例百選の重要判例を網羅したことになります。ここから挽回していきましょう。

ところで、すべての科目の演習書をロープラクティスで揃えている人も多いのではないでしょうか。大学の教授に勧められたって方もいるのでしょうか。

その理由は、繰り返しになりますが、同シリーズが、判例百選をなぞるような構成になっているからでしょう。判例百選を演習しながら読み進めたい方には、超おすすめです。

内容紹介

判例を基礎に事例解決の思考プロセスを平易に示す演習書!法学部生、法科大学院未修者・既修者試験受験生などが基礎知識を確認し、実践的な応用力を身につける自学自習用教材として必携の書!

読者の評価スコア

3.8
Rated 3.8 out of 5
4個の口コミ
星50%
星4 75%
星325%
星2 0%
星10%

PICKUP口コミ

重要論点が網羅されている』司法試験合格者
事例をベースに会社法の問題点や制度趣旨の理解を深めていくことができる演習書です。答案例はなく、あてはめに関する詳細な解説はありませんが、重要論点は網羅されていますし、解説は非常に勉強になります。また、事例は、百選判例の事案がベースになっていますので、ロープラ商法をベースに判例を潰していくのもありだと思います。

網羅性は十分、深さは別の本で。』2019年予備試験合格者
この本一冊をやれば、基本的に司法試験、予備試験で出る知識はほぼ網羅されると言ってよいでしょう。会社法は法規制を知識として抑えていても、実際に法規制に違反する事案がイメージできないため、事例問題で出されると対応できないということがよく起こります。そこで、事案として網羅されているこの本はおススメ出来ます。

演習書の一冊目に!』司法試験受験生
会社法の演習書の一冊目に読むのにおすすめです。基本的に判例百選ベースの問題なので、インプットした内容を確認するのに適しています。ただし、答案例は付いていませんし、事案の当てはめに関する記述は薄いです。そのため、答案の精度を上げるための訓練にはならないと思います。それでも、重要判例を演習形式で学べるので、初学者にはお勧めです。

中級から上級者まで

論文演習 会社法 上/下

答案例が付いています。

活かし方はあなた次第

本書は、演習書として珍しく答案例付きです。さらに、事例の中には、司法試験や予備試験の過去問が題材となっています。口コミにあるように、答案例の質には、バラツキがあるものの活かし方はあなた次第。

「こういう書き方で良いのか」「この書き方はわかりやすい」など

答案作成に関する新しい発見がきっとあるはず。答案作成に悩んでいる方には、おすすめです。

内容紹介

司法試験過去問、予備試験過去問、オリジナル問題×若手実務家(模範答案)×研究者(コメント・解説)。実用性と信頼性を兼ね備えた会社法論文演習書。平成28年度過去問まで収録。

読者の評価スコア

3.3
Rated 3.3 out of 5
4個の口コミ
星50%
星4 50%
星325%
星2 25%
星10%

PICKUP口コミ

旧司法試験の解説が欲しかったので読みました』中上位ロー生
私は会社法の旧司法試験を回すという勉強をしています。そんなとき、学者の方が書いた解説はないだろうかと書籍を探していたところ、この本を見つけました。答案例の良し悪しはバラツキがありますが、類書がないので、とてもありがたいです。

答案例の質にバラツキ』司法試験初学者
答案例が付いているのは、非常に有難いですが、解答者によって答案の質にバラツキがあり、使い辛いです。解答者は、いずれも実務家などの司法試験合格者とされていますが、中には予備校の論証を貼り付けたかのような答案があり、あまり参考になりません。予備校の答案例の方が一貫性があり、真似しやすいように思います。しかし、本書には解説もあるので、解説を目当てに利用するのはありだと思います。また、様々な方の答案を読むこともできるので、論証のバリエーションは増えるかもしれません。

事例で考える会社法

事例で考える会社法 第2版 (法学教室ライブラリィ)

ここまでたどり着いた時点で、ゴールは目前か

難易度が高いことで知られる本書。本書をスラスラと読み勧められたあなたは、もうゴール(司法試験合格レベル)といって良いでしょう。

さらにレベルアップしたい人、会社法マニアのひと。とにかく自分の実力を測ってみたい方は、手にとってみては、いかがでしょうか。

内容紹介

会社法演習書の決定版。会社法の重要論点を扱った事例問題。詳しい解説はグループ学習・自習にも最適。平成26年会社法改正に対応。『法学教室』で好評を博した「事例で考える会社法」を単行本化。全25問(参考答案付き6問)

読者の評価スコア

4.3
Rated 4.3 out of 5
3個の口コミ
星567%
星4 0%
星333%
星2 0%
星10%

PICKUP口コミ

余力がある人向け』匿名
問題と解説に分かれた演習書です。参考答案は,最初の方にありますが,全て記載されているわけではありません。解説は,学説の対立まで記載され,採用する説によるといかなる結果になるかを記載されています。
解説を読めば,どのようなことを書けばいいのかはわかりますが,これはある程度学習が進んだ人に限ると思います。初学者の方は,読み物として使うことをオススメします。
難易度は高めです。

論点の深い理解を得るには必須の演習書
やや難解な事例問題が20個程度並んでおり、そのそれぞれに大きなテーマが振られていることが多い。この演習書を使って、論証パターンを作るのがいい。重要な論点については、多数の学説を理解しておくことが、論点の深い理解につながるし、実際に司法試験においても、判例とは違う理解が直接または間接に聞かれている。どこにどういう対立点があり、それが実際の事例においてどのような差異をもたらすか、といったことをこの演習書で多く学んだ

会社法事例演習教材

一人で取り組むのは困難だが、

本書だから学べることもある

不親切ながら人気の演習書。特に、上位ロースクールの受験生に人気の様子。

解説は、一部のみで、指導者や仲間が居ないと取り組むのは、難しいかもしれません。

しかし、解説のある部分だけでも、十分に購入の価値のある演習書です。口コミにあるように、マニアックな条文操作にチャレンジ出来ます。司法試験の種本との噂も。

内容紹介

「紛争解決編」で重要判例がひしめく15のテーマを徹底理解。「紛争予防編」でプランニングの基本を学び、会社法の実務の醍醐味を知る。基礎から応用へ、自然と理解が深まるよう配置された多彩な設問。平成26年会社法改正および関連する施行規則等改正に対応。解説付き演習問題を大幅に増量。

読者の評価スコア

4
Rated 4 out of 5
1個の口コミ
星50%
星4 100%
星30%
星2 0%
星10%

PICKUP口コミ

自主ゼミの検討事例にピッタリ』司法試験受験生
ロースクールの友人と自主ゼミを組み検討しています。解説のない部分もありますが、ヒントととなることは示されていますし、演習問題は、簡略的な解説が付いています。条文等は、提示されているので、十分に独学でも使えます。また、マニアックな条文操作を求める事例もあり、条文操作の訓練にもなります。ひとりだけで取り組むには、オーバースペックとなりますが、自主ゼミで使うには、最適です。

会社法の口コミ一覧

数少ない答案例付きの演習書

Rated 4 out of 5
2021年3月13日

本書の最大の特徴は、答案例が付いている点です。受験生が気になる、理解を答案例に落とし込む方法が学べる。しかし、気を付けなければ、いけないのは、本書に掲載されている答案例は、模範答案でないこと。手直しが必要な答案例です。それでも司法試験を合格された実務家の先生が、起案されているので、合格答案であることは間違いないですし、表現法や、論理の運び方は、非常に参考なります。

予備受験生

演習書の一冊目に!

Rated 4 out of 5
2021年3月13日

会社法の演習書の一冊目に読むのにおすすめです。基本的に判例百選ベースの問題なので、インプットした内容を確認するのに適しています。ただし、答案例は付いていませんし、事案の当てはめに関する記述は薄いです。そのため、答案の精度を上げるための訓練にはならないと思います。それでも、重要判例を演習形式で学べるので、初学者にはお勧めです。

司法試験受験生

初めの一冊

Rated 4 out of 5
2021年3月13日

AmazonのKindle Unlimitedで読めるので、読んでみました。読み放題対象の書籍なので、あまり期待していませんでしたが、非常にお勧めです。この内容であれば、手元に一冊持っていても良いように思います。入門書ということで、図表が使われていたり、文章も分かりやすく、これから会社法を勉強していく方であっても十分通読可能です。まずは、本書から会社法の勉強を始められるのが良いかと思います、

司法試験受験生

手元に一冊

Rated 5 out of 5
2021年3月13日

受験生時代も愛用していたら「田中会社法」。実務に出たばかりの新人弁護士ですが、幾度も参照しています。文献リサーチでは、江頭会社法と田中会社法の2冊を出発点とし、商事法務などを調べたら、大抵のことは分かります。受験生としては、江頭会社法よりは、田中会社法の方が読みやすいと思いますので、実務家になってからを見越して受験生時代から、使われるの良いでしょう。

実務家

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、おすすめの会社法(商法)の演習書をご紹介させて頂きました。あなたのニーズに合った演習書はありましたでしょうか。無理なく一歩ずつ着実に前に進んでいきましょう。

もし、今回ご紹介した書籍をあなたが読み、実力が上がったならば、当サイトで共有して頂ければ幸いです。

今のあなたの悩み及び解決策は、あなたの後ろを歩く後輩受験生にとって、貴重な情報となります

是非、当サイトで感想等を共有して頂ければと思います。よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました