【390件以上】の口コミが読み放題に【使い方はあなた次第】
あなたにぴったりの書籍がきっと見つかる

当サイトには、法律書籍の口コミが390件以上投稿されています。すべての口コミから横断的に以下のとおり絞り込み検索が可能となっています。
・キーワード検索
・星ランク別の絞り込み検索
・カテゴリー別の絞り込み検索
口コミをフル活用して、あなたに最適な書籍で効率よく勉強しよう。

刑事訴訟法

入門刑事手続法 第8版の口コミ・評判

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内容紹介(「BOOK」データベースより

統計、判例・実務の動向を最新に!学部学生・法科大学院生そして刑事手続法をこれから学ぶ人に最適な1冊。

みんなの書評・口コミ

実務基礎対策におすすめ

Rated 4 out of 5
2021年2月7日

条文と手続の流れがそれぞれリンクして詳しく説明されている
また条文がしっかり記載されてるので六法と併用すると条文に強くなる
予備試験の六法は何故か刑訴だけ条文の題がなくある程度条文の構造の理解をする必要があるため重宝する
口述では手続の流れに沿った連続質問や条文が直接聞かれる事が多いのでドンピシャの対策ができる
ただいわゆる論文の論点について詳しく説明はないので純粋な論文対策としては不向き

予備&司法試験合格者

ステップアップに

Rated 4 out of 5
2021年1月1日

本書は刑事訴訟法の入門書で、手続きの流れに沿って説明するものとなります。似たような内容のもので基本刑事訴訟法Ⅰがありますが、そちらはとは違ってケースを用いず欄外に条文を示して淡々と説明していく形になります。また、逮捕状等、書面の具体例が示されているので模擬裁判にも有用です(著者のふたりは模擬裁判で使えるように配慮したとのこと)。
もっとも論点への深堀りはないため別の書籍で補充することが前提になってるでしょう。

名無しさん(ロー生)

初学者はまずこれを

Rated 5 out of 5
2020年11月3日

刑事訴訟法は学生にとってはなじみがなく具体的なイメージを掴みにくい科目です。この本では条文をもとに手続きの流れに沿って刑事訴訟法の概要を捉えることができ、体系書を用いた本格的な勉強への道しるべとなってくれます。

通りすがりの人

刑訴の条文対策に

Rated 4 out of 5
2020年8月15日

条文が余白に記載されているので、条文を参照しながら読み進めることができる。

司法試験合格者

評価集計

4.3
Rated 4.3 out of 5
4個の口コミ
星525%
星4 75%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

タイトルとURLをコピーしました