スポンサーリンク
刑事訴訟法

刑事訴訟法 第2版 (LEGAL QUEST)の口コミ・評判

数クリックで全ての特典をゲット

↓他にもあります↓

内容紹介(「BOOK」データベースより

2016(平成28)年の刑訴法改正の内容を織り込みつつ、GPS捜査についての最高裁大法廷判決をはじめとする近年の重要判例を取り上げた、待望の改訂版。

みんなの書評・口コミ

基本的に通説判例重視

Rated 3 out of 5
2021年2月20日

リークエ刑事訴訟法は、基本的に通説判例ベースの解説がなされています。またgps判例等近年の重要判例への言及も随所でなされています。しかし、訴因の部分の解説において、独特な解説がなされており、その部分を読むことは訴因の学習の際、混乱を招く危険性があるので、読まないことを強くおすすめいたします。

受験生

私にはイマイチでした

Rated 3 out of 5
2020年11月20日

評価が比較的高いようですが、私には合いませんでした。
例えば、伝聞。
この本の伝聞は絶品という評価を聞いたことがありますが、私は読んでも、より理解が深まるというこ
とはありませんでした。
文体も、レイアウトも正直私好みではないです。
少なくとも、この本を通読することは私には苦痛です。
むしろ、もう古いかもしれませんが、上口先生の方が私には合っていました。
訴因については、呉先生の基礎本の方が断然わかりやすいです。
なので、皆さんが使っているからといって無理に合わせる必要はなく、刑事訴訟法は他にも良い本がたくさんありますので、別の本で勉強を進められてもいいと思います。

ベテラン予備受験生

刑事訴訟法はここから初めるべき

Rated 4 out of 5
2020年11月2日

刑事訴訟法は、学者ごとにそもそもの体系が違ったり説も百家争鳴に近い状態にある学問ではあるが、その中でもリークエは判例、通説に沿った1番の教科書だと思う。これをベースに図書館等で酒巻教授や川出教授の体系書をめくりながら勉強をすれば受験において必要な知識は十分身につくと思う。

司法試験受験生

バランスの取れた基本書

Rated 4 out of 5
2020年9月3日

判例実務をベースに、バランスの取れた基本書。有力な学説に対する言及もされているため、司法試験対策用のインプットとしては、本書で足りる。

司法試験合格者

リークエ+古江本で十二分

Rated 5 out of 5
2020年8月23日

刑事訴訟法の人気の演習書である古江本とリークエを読み込めば、司法試験の問題は、怖くありません。

法律家の卵

評価集計

3.8
Rated 3.8 out of 5
5個の口コミ
星520%
星4 40%
星340%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました