【5月16日まで】アガルート30%OFFアウトレットセール
スポンサーリンク
民法

基本講義 債権各論〈2〉不法行為法 (ライブラリ法学基本講義)の口コミ・評判

債権法改正に対応した定番基本書の最新版。法制審議会で審議に携わった著者が不法行為法に関わる諸規定の改正を詳説。重要判例も収載。

スポンサーリンク

みんなの書評・口コミ

通読用として持っておきたい。

Rated 5 out of 5
2020年11月6日

改正法に対応しています。不法行為の全体をコンパクトにまとめていて初学者でも分かりやすい文章で書かれています。分厚い本でもないため,試験前の直前期であっても難なく読み進めることができます。
要件事実を意識して書かれているため,実務家になっても参照できる内容といえます。
形式的な面では,二色刷りであるため,マーカーで線を引くと見えにくくなるのが個人的な難点です。

匿名

不法行為を学ぶならこれ一択

Rated 5 out of 5
2020年11月5日

不法行為法は予備校本などでは4要件だけを簡単に解説するものが多いですが、この本は主張立証責任を意識した要件の立て方から解説されています。また、紛争類型ごとに章を立て詳しく記述がされているため、この1冊だけで不法行為法をマスターできます。この本を完全に理解できれば、不法行為法については司法試験のレベルを超えられると思います。

司法試験受験生
5
Rated 5 out of 5
2個の口コミ
星5100%
星4 0%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました