01司法試験・予備試験 民事訴訟法

小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引きの書評・口コミ

数クリックで全ての特典をゲット

↓他にもあります↓

内容紹介(「BOOK」データベースより)

民訴が眠素でなくなる7つの物語。大学3年生の主人公が、アルバイト先の法律事務所で、事件や裁判実務を体験していく姿を通して、読者にも、民事訴訟法・民事裁判への具体的なイメージが湧くように工夫した。

評価集計

4
Rated 4 out of 5
1個の口コミ

みんなの口コミ

小説で民訴入門

Rated 4 out of 5
2021年5月4日

初学段階では、面白さが分かりづらい民事訴訟法。本書は、小説として楽しみながら、弁護士の実務がどのような流れで行われているのかを理解することができ、さらに、その中で、民事訴訟法の重要性を実感出来る良書です。

受験生

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました