【5月16日まで】アガルート30%OFFアウトレットセール
スポンサーリンク
民事訴訟法

民事訴訟法 第3版の書評・口コミ

スポンサーリンク

内容紹介(「BOOK」データベースより

民法改正等に完全対応、新判例を多数収録。手続きを立体的に学習できるよう、関連箇所へのリファーを工夫。一層進化した最新版。

みんなの書評・口コミ

まとまった良書だが…

Rated 3 out of 5
2020年9月16日

なぜか軒並み分厚い民事訴訟法の基本書。和田民訴は634頁、リークエは736頁、新堂民訴は驚異の1072頁です。
そんな中にあって、本書は518頁。しかも改正民法に対応しており、大変貴重な存在です。端的な記述、サラリと書かれた理由づけも美点。民訴版サクハシとの声もあるようです。
良書ではあるのです。しかし、大変細かいことで恐縮ですが、レイアウトが非常に読みづらい…。
句読点が、「、」「。」ではなく「,」「.」となっています。一文の終わりや文の切れ目が分かりにくいので、大変読みにくいです。
複眼的思考を得るための参考書として、あるいは論証例として、参考書的な使い方をすることはできます。しかし、筆者としては、「基本書」に据えるにはあまりにストレスフル…。読みにくいと思っていたリークエの方が、本書より遥かに読みやすかったです。
無論、以上のデメリットは内容に関連するものではありません。レイアウトが気にならない方にとっては、有力な候補となると思われます。

司法試験受験生
3
Rated 3 out of 5
1個の口コミ
星50%
星4 0%
星3100%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました