【期間限定】対象カリキュラムが30%OFF
スポンサーリンク
民事訴訟法

民事訴訟法 第6版 の書評・口コミ

数クリックで全ての特典をゲット

↓他にもあります↓

内容紹介(「BOOK」データベースより

民事訴訟法体系書の最高峰精到の第6版。最新の学説・判例をフォローし、民法(債権法)改正にも対応。この一冊で、学習から、実務まで。

みんなの書評・口コミ

自説が多いが信頼出来る

Rated 5 out of 5
2020年11月3日

他のレビューサイト,本レビューサイトでも実務説(旧訴訟物理論)を摂る一方で伊藤眞先生の自説が多い,文章が固いから読みにくい,他の本のが良いとの記述が散見される。
しかし,自説を述べる場合はその前に必ず通説・判例を記載し,その上で自説の結論→理由(論証)を述べてくれるため問題なく使える。また,しっかり定義づけもしてくれるためまとめノート作成にも使える。
頁数が多いため初学者が読むのは厳しいように思えるが,ストゥディアなどの入門本を読んだ人間は迷わず本書を使用して良いと思う。辞書代わりにも使える。

名無し(受験生)

本文のみならず脚注にも目を向ける

Rated 4 out of 5
2020年11月3日

言わずと知れた基本書であるが、所々伊藤先生の個性が発揮されている。最初の一冊としてオススメできるかは分からないが、目から鱗の記載も多い。本文より脚注の方が多いんじゃないかと思わせるくらい脚注があるが、本文以上に重要なことが書かれていることも多く、そこにも目を向ける必要がある。

司法試験受験生
4.5
Rated 4.5 out of 5
2個の口コミ
星550%
星4 50%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました