【5月16日まで】アガルート30%OFFアウトレットセール
スポンサーリンク
民事訴訟法

民事訴訟法 第2版 (有斐閣ストゥディア)の書評・口コミ

スポンサーリンク

内容紹介(「BOOK」データベースより

新しくてわかりやすい民事訴訟法のテキスト。コンパクトな中に必要な知識を盛り込み、言葉と定義付けについてしっかりと記述。「民事訴訟の登場人物は?」「この裁判のテーマは?」と問いかけながら考えることで、民事訴訟法と手続のポイントが身につく。

みんなの書評・口コミ

試験前に通読しよう

Rated 5 out of 5
2020年11月6日

民事訴訟法の全体を復習するのに最適な書籍です。
最低限度のことは書かれており,知識の再確認のツールとして使うのに最適です。
もっとも,論点の深入りをしたければ,端的な文章になっていることから,この1冊だけでは足りず,違う本で補う必要があるでしょう。
とくに,複数当事者訴訟の箇所が分かりやすい本です。

匿名

初学者に最適

Rated 5 out of 5
2020年11月5日

民事訴訟法を全くの初心者が学ぶ際に最適な1冊と考えております。
290ページなので、一連の流れをざっと把握することができます。
しかも、わかりやすく、読みやすいので、今まで民訴が苦手だった方
も得意分野になるきっかけになるかもしれません。
また、別の基本書を読んでいるときにわからない部分があったときなど、
こちらの本に戻ってみると、理解できたなんてこともあるかもしれません。
初学者や法律資格の受験生などにおすすめできるかと思います。

受験マン

最初の一冊に最適

Rated 5 out of 5
2020年11月3日

入門書として初学者におすすめされることの多い有斐閣ストゥディアシリーズの一冊です。
民訴の基本書としては、リーガルクエストや和田民訴が定番ですが、いずれも600~700ページ超と、いきなりこれらを読み通すのはハードルが高いのではないかと思います。円環構造といわれる民訴の学習では、まずはその全体像をざっと見通すことができる一冊があると便利です。
本書は300ページ足らずのうちに、基本的な概念の定義や判例が紹介されており、入門書として優れたものです。
無味乾燥になりがちな民事訴訟手続きの学習ですが、訴状や判決書の見本などさまざまなコラムを交えながら説明されるなどの工夫もなされているので、退屈せずに読み進められると思います。
民訴学習の入門書として、基本書への橋渡しにおすすめします。

司法試験受験生

スタートにはこれ

Rated 5 out of 5
2020年11月3日

民事訴訟法は、とにかく各分野の概念を理解するのが困難です。その問題をストゥディアシリーズ簡潔な文章で分かりやすく解決しているため初学者はこれさえ読めば民事訴訟法の最初の理解としては十分です。判例学習や演習問題に行くためのステップとして十分であり自分も受験生時代にこの本に出会いたかったです。

通りすがりの人
5
Rated 5 out of 5
4個の口コミ
星5100%
星4 0%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました