【390件以上】の口コミが読み放題に【使い方はあなた次第】
あなたにぴったりの書籍がきっと見つかる

当サイトには、法律書籍の口コミが390件以上投稿されています。すべての口コミから横断的に以下のとおり絞り込み検索が可能となっています。
・キーワード検索
・星ランク別の絞り込み検索
・カテゴリー別の絞り込み検索
口コミをフル活用して、あなたに最適な書籍で効率よく勉強しよう。

民事訴訟法

民事訴訟法判例百選 第5版の書評・口コミ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内容紹介(「BOOK」データベースより

民事訴訟法の理解に不可欠な最重要判例を,リーディング・ケースを中心に精選,簡潔・的確に解説した決定版。旧版(2010年)刊行以降の動向を踏まえ,収載判例の見直しや内容のアップデートを行った。さらに使いやすく,いっそう分かりやすい内容に。

みんなの書評・口コミ

解説の出来がいい判例百選

Rated 4 out of 5
2021年2月20日

民事訴訟法の判例百選の解説は全般的に出来がいいように思われます。また、司法試験では判例の射程を問う問題が何回か聞かれており、その対策としても非常に有用であるように思います。ロープラ 民訴との親和性も高いのでロープラ と一緒に使われることをお勧めいたします。

司法試験受験生

読んでおきたい

Rated 4 out of 5
2020年12月9日

司法試験の出題傾向として,判例の知識があることが前提として必要です。また,判例と異なる見解(学説)も有力説は把握しておくべきと思います。
受験生の頃は,この判例百選の判旨部分で,フレーズを覚え,解説部分で判例の射程や学説の理論を覚える勉強法をしていました。特に,著者によっては,判例の射程を明確に解説しているので,その箇所は必ず読むようにしていました。

匿名

初学者がやる必要性はあまりない

Rated 5 out of 5
2020年11月4日

民事訴訟法百選は、中級者以上の方が判例の射程を学ぶときに使うものだと思う。
初学者段階では、論文短答における民事訴訟法の条文や原則などの基本的知識とその使い方を学ぶこと、その能力を鍛えることが答案を書くために必要だが、それを百選でする必要性は小さいだろうと思う。

予備試験受験生

民訴は百選

Rated 5 out of 5
2020年11月3日

民事訴訟法は司法試験で判例の射程がよく問われることは周知の通りである。事案のここが違ってるから、判例の結論とは違くなる、ということを説明できなければならない。そのため、百選の事案の部分は特に見ておく必要がある。主観的追加的併合や代理についての弁論主義の適用などは、当該事案について判例と同様の結論をとれるか、について繰り返し司法試験で問われている。他の典型論点についても要注意である。

司法試験受験生

評価集計

4.5
Rated 4.5 out of 5
4個の口コミ
星550%
星4 50%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

タイトルとURLをコピーしました