スポンサーリンク
憲法

憲法ガール Remake Edition の書評・口コミ

数クリックで全ての特典をゲット

↓他にもあります↓

内容紹介(「BOOK」データベースより

平成18年~24年の司法試験事例問題を主張と反論の形で解説。試験時間内に作成可能な短い答案例を追加。引用文献・判例一覧をアップデートし、事項索引を追加。イラストを一新(イラストレーター:紅木春氏)。

みんなの書評・口コミ

論理で憲法答案の仕組みを解説してくれる名著

Rated 5 out of 5
2020年11月4日

論文憲法に手をつけ始めた初学者の段階では、憲法答案に権利や制約を示す場合、感覚に依らざるを得なかったり、問題文を読んでも誘導や拾うべき事実に目を向けることすらできないことが多々ある。本書は、登場人物の会話によって初学者にありがちな憲法への苦手意識と感覚的なマインドを見破りつつ、その後に初学者が論文をどう攻略すべきか、具体的な学習方法、思考方法、論述方法を提供してくれる。初学者ほど読むべきであると思う。

予備試験受験生

答案をブラッシュアップ。

Rated 4 out of 5
2020年9月17日

本書は、私を打ちのめした一冊でもあります。
司法試験を受けてみようと決意し、ネットで書籍を調べてみたところ、本書の存在を知りました。どうやら、新司法試験をラノベ形式で解説してくれているらしい。書店で手に取ってみると、表紙には可愛らしい女の子が。いかにも親しみやすそうだと、中身も見ずに購入しました。しかし、腰を据えて読んでみると、初学者の私にはあまりに難解…。冒頭に出てくる「僕」の答案の時点で、何を言ってるのかさっぱりでした。
時が過ぎ、憲法の学習が進んだ私は、新司法試験の問題を検討してみました。必死に答案を作ってから本書を開くと、印象は180度変わります。
当然ながら、全部の内容が理解できるわけがありません。登場人物たちの議論はかなり高水準ですから。しかし、部分的な理解に留まった私でも、自分の答案のどこを改良すべきなのか・どこは良かったのかが明快になる感覚を覚えました。また、登場人物たちの会話に少しだけついていけるのが嬉しくもなりました。
初学者の方は気負わずに、「あ、憲法答案ってだいたいこんな書き方なのね」程度の心持ちで読まれると有益かと思います。そうでない方は、当該問題を検討したのちに本書を開かれてはいかがでしょうか。
私は、登場人物たちのやりとりを通じて、憲法が好きになる魔法にかけられました。それでもなおラノベ形式は好みが分かれるかと思いますが、それだけで読まないのは勿体ないほど有益な書籍です。

司法試験受験生
4.5
Rated 4.5 out of 5
2個の口コミ
星550%
星4 50%
星30%
星2 0%
星10%

投稿フォーム

法律書籍を探す
試験種
科目
ジャンル
キーワード
タイトルとURLをコピーしました